10/16 建築医学講演会を開催しました「住環境特別大講演会~コロナ禍を生き抜くためのヒント~」

10月16日、私が事務局長を務める
(社)日本建築医学協会にて、講演会を開催しました。

今回は、「コロナ禍を生き抜くためのヒント」をテーマに、
トータルヘルス研究所の落合正浩先生、
当協会の松永理事長、そして
ウィスコンシン医科大学名誉教授の高橋徳先生に
ご講演頂きました。

開会挨拶 小神侑岳

落合正浩先生からは、
「トータルヘルス研究から導かれる新型コロナ対策となり得る生活行動」
という演題でご講演頂きました。
最初に基本概念となるトータルヘルスとは何か、
というお話をされたあと、
コロナ予防に役立つ生活行動について
詳しく説明して下さいました。

はじめに“無敵行動”について、
「自身の外に敵を作らない」という、
精神的な面から免疫力を高める方法について
説明して下さいました。
コロナに対する心構えが大切であると分かりました。
次に、全ての面に関わる行動として、
「呼吸」の大切さをお話して下さいました。


腹式呼吸だけでなく、
胸式、背式、腰式、全て大事ということで、
体幹筋肉の話や胸腺の話など、
呼吸の重要性がよく分かるお話でした。
最後の締めに、
「最大の治癒力は理屈を超えた至福である」
というのが、とても印象的でした

落合先生 質疑応答

高橋徳先生からは
「新型コロナウイルス事情の最前線」
という演題でご講演頂きました。

新型コロナの問題点として、
「日常生活の破壊」と「ワクチン(遺伝子注射)」を挙げられ、
前者については幸せホルモンであるオキシトシンに絡めて、
行き過ぎたコロナ対策によって
人間は大切なものを失いつつある、
と警鐘を鳴らされました。

また、コロナワクチンに関しては、
厚労省のデータをもとに、非常に明快な分析と論理で、
ワクチンのメリットに対して疑問を投げかけられました。
特に、ワクチンの有効性90%以上というのは
数字のトリックであるということや、
インフルエンザとの比較の話は
非常に分かりやすく、説得力のある話でした。

様々なデータを分析すると、
ワクチン接種によって逆に感染が
拡大している可能性が高いことを示唆され、
非常に考えさせられる内容でした。

高橋徳先生 質疑応答

松永理事長からは
「免疫力を高める住まい 免疫力が下がる住まい 免疫力が人生を決める」
という演題でご講演頂きました。
ワクチン云々の前にまず
免疫力を高めることが最優先ということで、
どのような住まいが免疫力を高めるのかを
建築医学の観点から説明して下さいました。

免疫力は物質的なものと精神的なものの融合によって形成され、
陰陽のバランスがとれる環境で暮らすことで
免疫力を高めることができるとのことでした。

特にコンクリート住宅と木造住宅の違いについては、
様々なデータを示され、感染率や出生率、
平均寿命などの面から木造が優れていることでした。


また、マンションでも調湿性のある壁紙の使用、
換気の徹底、特殊パネルの使用などにより、
改善できるとのことでした。


最終的には、幸福感を感じる住環境で暮らすことが
免疫力を高めることにつながるということで、
改めて精神的な面の重要性を感じさせる内容でした。

松永理事長 質疑応答

視聴者からは、
「今回は特に心に沁みる感じがありました」
「説得力のあるお話に、改めて驚き感心致しました」
「新聞報道やテレビなどでは決して報道されないことを教えて頂き
大変、目から鱗が落ちるほど勉強になりました。」
などの感想を頂きました。

誠にありがとうございました。

その他のEvent & News

More